未来の映像制作を考える

 映像というのは最近ではほとんどのもので使用されていますよね。屋外でもモニターに映されています。そういうことから、どんどん映像制作をする人も増えていっているのではないでしょうか?
その映像制作なのですが今回は映像制作の将来について紹介していきたいと思います。
映像制作とはどんなもの?
 映像制作というのは、TVやアニメ、イベントなどで流す映像を作成することを言います。通常はクライアントより、依頼をいただいて、要望に沿った映像を作成する映像制作会社が多数存在します。映像制作会社により、TVCMやドラマを作成する会社、会社PR専門の会社、WEBでの映像配信専門会社など様々な形態があります。近年では、WEB動画の普及によって映像制作に関する需要は増えていっています。
 このように、映像制作というものは色々なものがあり、皆さんが思っているよりも多くの種類があるのだと思います。
映像制作の歴史
 まず、映像制作が始まったのは、19世紀後半後半ころからだと言われています。当時の写真技術を応用して、アメリカやドイツ、フランスなどで研究が進められていて、この研究の積み重ねを経て、電球の発明で有名なエジソンが1893年にキネトスコープという写真機を発明して、それと同時期にリュミエール兄弟がシネマトグラフという撮影と、映写の二つの機能を兼ね備えた複合写真機を発明したと言われています。
 そして、それから1900年代にはSF映画や西部劇などの映画が生まれました。日本で初めて製作された映画というのは、完成までに2年の歳月を費やしていたそうです。初めて公開されたのは、1899年に東京の歌舞伎座で公開されたそうです。
 それから、サウンドカメラという映像と音声が同時に録音できるカメラが発明されました。そのカメラが発明されると、トーキーと呼ばれる音声付きの映画が公開されて、トーキーは急速に世界中に普及しました。1930年代に入ると、カラー映画が誕生して、今現在の映画に近づいた映画がつくられるようになったと言われています。
 それから、1950年代には大規模なセットや特殊効果を使用した大作映画が製作されて、世界中でヒットしたそうです。特殊効果を使用した映像というのは、目の錯覚などを利用して、今まで見たことの無い映像を作り出していましたが、1990年代にはCGを用いて現実では再現できない映像を作り出した映画が生まれたと言われていて、このように映像制作が生まれました。
将来の映像制作
 将来の映像制作というのは一体どのようなものになっているでしょうか?少し予想してみたいと思います。
 将来、映像制作というのは、どんどん普及していき、映画などのクオリティもますます上がるのではないでしょうか?今の段階でも相当高いクオリティですが、ますます普及しているところなので、驚くようなものができるのではないでしょうか。

カテゴリー: 悩み | コメントは受け付けていません。

映像制作会社に就職を考える方

 映像というのは最近ではほとんどのもので使用されていますよね。屋外でもモニターに映されています。そういうことから、どんどん映像制作をする人も増えていっているのではないでしょうか?
その映像制作なのですが今回は映像制作の将来について紹介していきたいと思います。
映像制作を簡単に説明
 映像制作というのは、TVやアニメ、イベントなどで流す映像を作成することを言います。通常はクライアントより、依頼をいただいて、要望に沿った映像を作成する映像制作会社が多数存在します。映像制作会社により、TVCMやドラマを作成する会社、会社PR専門の会社、WEBでの映像配信専門会社など様々な形態があります。近年では、WEB動画の普及によって映像制作に関する需要は増えていっています。
 このように、映像制作というものは色々なものがあり、皆さんが思っているよりも多くの種類があるのだと思います。
映像制作の歴史
 まず、映像制作が始まったのは、19世紀後半後半ころからだと言われています。当時の写真技術を応用して、アメリカやドイツ、フランスなどで研究が進められていて、この研究の積み重ねを経て、電球の発明で有名なエジソンが1893年にキネトスコープという写真機を発明して、それと同時期にリュミエール兄弟がシネマトグラフという撮影と、映写の二つの機能を兼ね備えた複合写真機を発明したと言われています。
 そして、それから1900年代にはSF映画や西部劇などの映画が生まれました。日本で初めて製作された映画というのは、完成までに2年の歳月を費やしていたそうです。初めて公開されたのは、1899年に東京の歌舞伎座で公開されたそうです。
 それから、サウンドカメラという映像と音声が同時に録音できるカメラが発明されました。そのカメラが発明されると、トーキーと呼ばれる音声付きの映画が公開されて、トーキーは急速に世界中に普及しました。1930年代に入ると、カラー映画が誕生して、今現在の映画に近づいた映画がつくられるようになったと言われています。
 それから、1950年代には大規模なセットや特殊効果を使用した大作映画が製作されて、世界中でヒットしたそうです。特殊効果を使用した映像というのは、目の錯覚などを利用して、今まで見たことの無い映像を作り出していましたが、1990年代にはCGを用いて現実では再現できない映像を作り出した映画が生まれたと言われていて、このように今の映像制作が生まれる発端にもなりました。
就職を考えている方へ
 最近は映像制作が普及し始め、どんどん進歩していっています。今ではなくてはならないものにもなっているのではないでしょうか?その映像制作なのですが、就職するならカメラを上手く使いこなせるようになることがとても重要になってきます。なので、もしも考えている方は少しでもカメラの使い方などを覚えておくことが必要です。

カテゴリー: 映像制作 | コメントは受け付けていません。

映像制作を趣味でするには

 映像というのは最近ではほとんどのもので使用されていますよね。屋外でもモニターに映されています。
その映像の製作というのはいったいどのようにされているのでしょうか?
今回は映像制作について話をしていきたいと思います。
映像制作について
 映像制作というのは、TVやアニメ、イベントなどで流す映像を作成することを言います。通常はクライアントより、依頼をいただいて、要望に沿った映像を作成する映像制作会社が多数存在します。映像制作会社により、TVCMやドラマを作成する会社、会社PR専門の会社、WEBでの映像配信専門会社など様々な形態があります。近年では、WEB動画の普及によって映像制作に関する需要は増えていっています。
映像制作をする上で
 映像制作をする上でのコツは、多くのことがあります。一つ目は映像を撮りながら編集をするということです。理由は簡単なことです。映像をとっているときに編集をしていると、撮り終わってから即完成に持ち込めるということがあるからです。なので、時間の短縮にもなりとても便利です。それだけでなく、映像に使用する分だけしかとらないので、容量などもとてもコンパクトに抑えることができます。
 二つ目は、カメラを動かさないことです。最低でも10秒は動かさないということです。それが基本であり、コツだと言われています。やはり初心者の方だと『こっちもとりたい、あっちもとりたい』と言ってカメラを動かすことが多いと思いますが、それをしてしまうと見にくいですし、酔ってしまいます。なので、カメラを動かさないほうがいいと言われています。
趣味でしてもメリットが!
  最近ではビデオカメラも非常に高性能になってきていますし、映像制作は個人でも十分にできると言われています。それだけでなく、映像編集ソフトもとても高度化していて、プロレベルの作品が個人でも作れてしまうという時代になっています。批評をしてもらったりすることも可能なので、映像制作は趣味としてもとても有意義で楽しいものになっていると言われています。
 これを趣味ですると、様々なソフトを使うことができ、自分自身の個性というものが発揮しやすいので、趣味からそれが仕事になっていくという人も少なくないようです。どんどん経験を積んでいくことで、技術も上がり趣味から仕事につけるという可能性も大いにあります。なので、趣味で始めようとしている方は、おすすめされるものでもあります。

カテゴリー: 映像制作 | コメントは受け付けていません。

映像制作はこんないいところがあります

 最近ではお金儲けの方法も多種多様となってきましたね。皆さんはどんなお金儲けの方法を取りますか?土木作業・新聞配達・調理作業・ゴーストライター・接客作業等さまざまなお金儲けの方法がありますね。映像制作もその中のひとつです。今回は映像制作のいいところをのべていきたいと思います。
「映像制作とはどんなもの?」
  映像制作って何?と疑問に思う方も多いでしょう。映像制作とはTVやアニメ、イベントで流す映像を作成することです。要するに皆さんが見ているTVの映像を作っている裏方作業ということになりますね。クライアントより依頼をもらって、要望に沿った映像を作成する映像作成会社が多数存在します。
 映像制作にはさまざまな形態があって、TVCMやドラマを作成する形態、会社のPRを専門とした形態、WEBでの映像配信を専門とした形態などがあります。近年、WEB動画の普及により映像制作に関する需要は増えています。今が稼ぎ時ともいえますね。

「映像制作の利点」
 映像制作の一番の利点といえばユーザーの理解度の向上です。日本には「百聞は一見にしかず」ということわざがあります。そのことわざ通り動画の表現力は活字や静止画による情報伝達力との比較でも超越して優れ、その差は5000倍ともいわれています。その場の雰囲気や臨場感、細かい説明が必要な新製品、機能の説明など、動画を利用することにより、分かり易くユーザーに伝えることができます。
 その他の利点としてはブランドイメージの訴求力向上を低コストで実現できるということです。映像制作をしない場合撮影費用というものはどうしてもかかってきます。しかし映像制作を行った場合、既存のデータなどを使うことにより撮影費用をかけずに低コストで制作可能です。
「まとめ」
 映像制作の利点として二つほど例を挙げましたが、これらの利点は映像制作側の利点ではなくクライアント・視聴側の利点ということです。制作側の利点として挙げられるものがあるとすれば、自分たちが制作した映像を見た人たちが喜んでくれるということです。しかし、たいていの場合は製作者のことなど気にも留めないでしょう。報われないといってしまえばそれまでですが、稀に気に留めてくれる方もいるのでそういう方を見てやっていてよかったなという気持ちになることもあるようですね。この映像制作という職業は裏方専門ですがやる人がやれば満足感が得られると考えています。

カテゴリー: 映像制作 | コメントは受け付けていません。

映像制作の歴史

映像というのは最近ではほとんどのもので使用されていますよね。屋外でもモニターに映されています。
その映像の製作というのはどのようなことから今に繋がっているのでしょうか?
今回は映像制作の歴史について紹介していきたいと思います。
映像制作について
 映像制作というのは、TVやアニメ、イベントなどで流す映像を作成することを言います。通常はクライアントより、依頼をいただいて、要望に沿った映像を作成する映像制作会社が多数存在します。映像制作会社により、TVCMやドラマを作成する会社、会社PR専門の会社、WEBでの映像配信専門会社など様々な形態があります。近年では、WEB動画の普及によって映像制作に関する需要は増えていっています。
映像制作の歴史:前編
 まず、映像制作が始まったのは、19世紀後半後半ころからだと言われています。当時の写真技術を応用して、アメリカやドイツ、フランスなどで研究が進められていて、この研究の積み重ねを経て、電球の発明で有名なエジソンが1893年にキネトスコープという写真機を発明して、それと同時期にリュミエール兄弟がシネマトグラフという撮影と、映写の二つの機能を兼ね備えた複合写真機を発明したと言われています。
 キネトスコープというのは、箱形の写真機になっていて、箱の中を覗くと映像が見える仕組みになっているそうです。リュミエール兄弟は、シネマトグラフを使用して、工場の出口などのショートフィルムを製作していたそうです。
映像制作の歴史:後編
 シネマトグラフが開発されたばかりのころというのは、特にストーリーの無い情景映画ばかりだったそうですが、次第にストーリーを付けた作品が現れ、1900年代にはSF映画や西部劇などの映画が生まれました。日本で初めて製作された映画というのは、完成までに2年の歳月を費やしていたそうです。初めて公開されたのは、1899年に東京の歌舞伎座で公開されたそうです。
 それから、サウンドカメラという映像と音声が同時に録音できるカメラが発明されました。そのカメラが発明されると、トーキーと呼ばれる音声付きの映画が公開されて、トーキーは急速に世界中に普及しました。1930年代に入ると、カラー映画が誕生して、今現在の映画に近づいた映画がつくられるようになったと言われています。
 それから、1950年代には大規模なセットや特殊効果を使用した大作映画が製作されて、世界中でヒットしたそうです。特殊効果を使用した映像というのは、目の錯覚などを利用して、今まで見たことの無い映像を作り出していましたが、1990年代にはCGを用いて現実では再現できない映像を作り出した映画が生まれたと言われています。
 このように、映像制作にも様々な歴史があり、今の映像制作があるのです。

カテゴリー: 映像制作 | コメントは受け付けていません。

映像制作を趣味でするには

 映像というのは最近ではほとんどのもので使用されていますよね。屋外でもモニターに映されています。
その映像の製作というのはいったいどのようにされているのでしょうか?
今回は映像制作について話をしていきたいと思います。
映像制作について
 映像制作というのは、TVやアニメ、イベントなどで流す映像を作成することを言います。通常はクライアントより、依頼をいただいて、要望に沿った映像を作成する映像制作会社が多数存在します。映像制作会社により、TVCMやドラマを作成する会社、会社PR専門の会社、WEBでの映像配信専門会社など様々な形態があります。近年では、WEB動画の普及によって映像制作に関する需要は増えていっています。
映像制作をする上で
 映像制作をする上でのコツは、多くのことがあります。一つ目は映像を撮りながら編集をするということです。理由は簡単なことです。映像をとっているときに編集をしていると、撮り終わってから即完成に持ち込めるということがあるからです。なので、時間の短縮にもなりとても便利です。それだけでなく、映像に使用する分だけしかとらないので、容量などもとてもコンパクトに抑えることができます。
 二つ目は、カメラを動かさないことです。最低でも10秒は動かさないということです。それが基本であり、コツだと言われています。やはり初心者の方だと『こっちもとりたい、あっちもとりたい』と言ってカメラを動かすことが多いと思いますが、それをしてしまうと見にくいですし、酔ってしまいます。なので、カメラを動かさないほうがいいと言われています。
趣味でしてもメリットが!
  最近ではビデオカメラも非常に高性能になってきていますし、映像制作は個人でも十分にできると言われています。それだけでなく、映像編集ソフトもとても高度化していて、プロレベルの作品が個人でも作れてしまうという時代になっています。批評をしてもらったりすることも可能なので、映像制作は趣味としてもとても有意義で楽しいものになっていると言われています。
 これを趣味ですると、様々なソフトを使うことができ、自分自身の個性というものが発揮しやすいので、趣味からそれが仕事になっていくという人も少なくないようです。どんどん経験を積んでいくことで、技術も上がり趣味から仕事につけるという可能性も大いにあります。なので、趣味で始めようとしている方は、おすすめされるものでもあります。

カテゴリー: 映像制作 | コメントは受け付けていません。

映像制作業界での悩み

 映像というのは最近ではほとんどのもので使用されていますよね。屋外でもモニターに映されています。
その映像の製作というのはいったいどのようにされているのでしょうか?
今回は映像制作について紹介していきたいと思います。
映像制作ってどんなことをする?
 映像制作というのは、TVやアニメ、イベントなどで流す映像を作成することを言います。通常はクライアントより、依頼をいただいて、要望に沿った映像を作成する映像制作会社が多数存在します。映像制作会社により、TVCMやドラマを作成する会社、会社PR専門の会社、WEBでの映像配信専門会社など様々な形態があります。近年では、WEB動画の普及によって映像制作に関する需要は増えていっています。
この仕事にも悩みがある
映像制作をする上でも悩みがあると思います。『こんな仕事だとは思わなかった』などといったことを思う人もいるのではないでしょうか?
 映像制作では、体力と睡魔との戦いだと言われています。他の仕事でもそうだとは思いますが、映像制作では、こういったことで悩んでいる人もいるのです。
 何をするにも絶対に悩みというものはあると思います。映像制作の仕事でもそうです。映像をとるだけと言っても、そこから編集などといった仕事もあり、とても大変です。そういったことでは悩みも多くあると思います。
 このように、映像制作という仕事にも色々な悩みがあります。そういったことは、すぐに解決できないと思いますが、努力することで解決することができますので、諦めずに頑張りましょう。
映像制作をする人におすすめ!
 映像制作をする上でのコツは、多くのことがあります。一つ目は映像を撮りながら編集をするということです。理由は簡単なことです。映像をとっているときに編集をしていると、撮り終わってから即完成に持ち込めるということがあるからです。なので、時間の短縮にもなりとても便利です。それだけでなく、映像に使用する分だけしかとらないので、容量などもとてもコンパクトに抑えることができます。
 二つ目は、カメラを動かさないことです。最低でも10秒は動かさないということです。それが基本であり、コツだと言われています。やはり初心者の方だと『こっちもとりたい、あっちもとりたい』と言ってカメラを動かすことが多いと思いますが、それをしてしまうと見にくいですし、酔ってしまいます。なので、カメラを動かさないほうがいいと言われています。

カテゴリー: 映像制作 | コメントは受け付けていません。

映像制作を簡単にするには

 映像というのは最近ではほとんどのもので使用されていますよね。屋外でもモニターに映されています。
その映像の製作というのはいったいどのようにされているものなのでしょうか?
今回は映像制作を簡単にする方法について少し紹介していきたいと思います。
映像制作というのは
 映像制作について言葉では聞いたことはあるけど、どのようなことをしているかなど詳しいことについては知らない方はいると思います。
映像制作というのは、TVやアニメ、イベントなどで流す映像を作成することを言います。通常はクライアントより、依頼をいただいて、要望に沿った映像を作成する映像制作会社が多数存在します。映像制作会社により、TVCMやドラマを作成する会社、会社PR専門の会社、WEBでの映像配信専門会社など様々な形態があります。最近では、WEB動画の普及によって映像制作に関する需要は増えていっているので、どんどん映像制作などの仕事というのは忙しくなっているのではないでしょうか?
映像制作をする上でのコツ
 映像制作をするとき、大事になってくることなどあると思います。
映像制作をする上でのコツというのは、多くのことがあると言われています。その中で一つ言われているコツがあります。そのコツというのは、映像を撮りながら編集をするということです。理由は簡単なことです。映像をとっているときに編集をしていると、撮り終わってから即完成に持ち込めるということがあるからです。なので、時間の短縮にもなりとても便利です。それだけでなく、映像に使用する分だけしかとらないので、容量などもとてもコンパクトに抑えられるそうです。
映像制作の仕事をするにあたって
 映像制作には多くの種類があり、最近では特に仕事が増えていっているなど言われています。映像制作をするにあたって、色々なコツや基本といったことはあると思います。そういったことは調べたり、実際にやっている人を見てみたりと自分から積極的に取り組むことが大切だと思います。そういったことで、気づくことや自分自身で工夫しようと思うことなど増えていくと思います。なので、積極性を忘れずに頑張るのはいいことだと思います。
今現在で映像制作をしているという人や、映像制作を始めようと思っていて迷っている人がいるなら、そういったコツや基本を参考にしてみるのもいいかもしれません。それらのことをすることで、これからの映像制作がうまくなるかもしれませんよ。 
http://www.seedassist.co.jp/

カテゴリー: 映像制作 | コメントは受け付けていません。

映像制作とチームの形

 映像というのは最近ではほとんどのもので使用されていますよね。屋外でもモニターに映されています。
その映像の製作というのはいったいどのようにされているのでしょうか?
今回は映像制作とそのチームの形について紹介していきたいと思います。
映像制作とは
 映像制作というのは、TVやアニメ、イベントなどで流す映像を作成することを言います。通常はクライアントより、依頼をいただいて、要望に沿った映像を作成する映像制作会社が多数存在します。映像制作会社により、TVCMやドラマを作成する会社、会社PR専門の会社、WEBでの映像配信専門会社など様々な形態があります。近年では、WEB動画の普及によって映像制作に関する需要は増えていっています。
映像制作をするコツ
 映像制作をする上でのコツは、多くのことがあります。一つ目は映像を撮りながら編集をするということです。理由は簡単なことです。映像をとっているときに編集をしていると、撮り終わってから即完成に持ち込めるということがあるからです。なので、時間の短縮にもなりとても便利です。それだけでなく、映像に使用する分だけしかとらないので、容量などもとてもコンパクトに抑えることができます。
 二つ目は、カメラを動かさないことです。最低でも10秒は動かさないということです。それが基本であり、コツだと言われています。やはり初心者の方だと『こっちもとりたい、あっちもとりたい』と言ってカメラを動かすことが多いと思いますが、それをしてしまうと見にくいですし、酔ってしまいます。なので、カメラを動かさないほうがいいと言われています。
映像制作のチームワーク
 何事にもチームワークというのは大事ですよね。映像制作にもチームワークは必要です。
 映像制作でのチームワークというのは、編集作業や撮影などと言ったものが多くありますよね。しかも仕事というのはとても多く、分担作業と言っても協力がなければ難しいと思います。チームワークとしては、編集をしているときに、他の場所では撮影をしているといった、片一方が作業をしているときにもう片方も作業をしているようにしておくのがとてもいいと思います。
このように、チームワークというのはとても大事なもので、映像制作でも少しのミスが大きな影響をもたらしてしまうと思います。もしもこれから映像制作の仕事に携わっていく方はチームワークを忘れずに作業していくことが大切だと思います。

カテゴリー: 映像制作 | コメントは受け付けていません。

映像制作で儲けるには

最近ではお金儲けの方法も多種多様となってきましたね。皆さんはどんなお金儲けの方法を取りますか?土木作業・新聞配達・調理作業・ゴーストライター・接客作業等さまざまなお金儲けの方法がありますね。今回はそんな中から映像制作で儲ける方法について語っていきたいとおもいます。
「映像制作とはどんなもの?」
 映像制作って何?と疑問に思う方も多いでしょう。映像制作とはTVやアニメ、イベントで流す映像を作成することです。要するに皆さんが見ているTVの映像を作っている裏方作業ということになりますね。クライアントより依頼をもらって、要望に沿った映像を作成する映像作成会社が多数存在します。
 映像制作にはさまざまな形態があって、TVCMやドラマを作成する形態、会社のPRを専門とした形態、WEBでの映像配信を専門とした形態などがあります。近年、WEB動画の普及により映像制作に関する需要は増えています。今が稼ぎ時ともいえますね。

「映像制作で儲けるには」
 さて、映像制作がどんなものかがわかったところで本題に入っていきましょう。映像制作で儲けるにはクライアント(お客様)の存在が重要となってきます。
 映像制作で儲ける手順としては、最初にクライアントがどのような映像制作を望んでいるかを実際にあって聞きだします。例えば想定されている完成映像の視聴時間の長さや提供素材の有無・撮影の有無・音楽の有無・ナレーションの有無などの質問を行います。クライアントの要望を聞いて目的が明確になったら映像制作に打ち込んでいきます。
 作業手順としてはこれだけです。映像制作で儲けるには相手の要望に耳を傾け、今の自分たちの技術でどこまでできるか等を判断し、できる限り相手の要望にこたえられるように作業を行うことが大切です。
「まとめ」
 上記の内容から察するに映像制作をするには技術だけでなくHospitalityつまり厚意が必要ということがわかりますね。つまり映像制作は他のお金儲けよりも大変ということです。相手のことを第一に考え、いかに要望を実現するかということを常に考え続けなければいけません。技術とHospitalityの両立ができて初めて映像制作で儲けることができると考えられます。
 正直、需要が増えているといっても映像制作の技術を持っている人が多くないということと、そう簡単に取得できる技術ではないということ、相手を思いやる心が必要ということを考えればあまりお勧めできる職業ではないと考えています。

カテゴリー: 映像制作 | コメントは受け付けていません。